FC2ブログ

■既刊・近刊メモ(2013年12月版 Ver.1)

11月に刊行された(はずの)本と、12月以降の近刊を掲載する。若干の本には余計なコメントを付した。日付は発行日ではなく、発売日。発売日順を原則としているが、WEBでの確認が中心なので、違っているかもしれない。
*前回掲載のものから追加・変更した箇所を茶色で示す。
なお、近刊の本についてはあくまでも予定であり、タイトル・発売日・価格ともに変更の可能性はある。
次の行は私的メモ。
■読んだ本(▲元版で読んだ)、■買った本(▲元版所有)
 
11月に出た本から】
 
■広島市文化協会文芸部会編 『占領期の出版メディアと検閲:戦後広島の文芸活動』 勉誠出版、10/311800円+税
11月刊行と思っていたら、10月末に出ていた模様。

■四方田犬彦 『日本の漫画への感謝』 潮出版社、11/12200円+税

パーミー・オルソン/竹内薫訳 『我々はアノニマス天才ハッカー集団の正体とサイバー攻撃の内幕』 ヒカルランド、11/12000円+税
*世界に脅威を与えた神出鬼没のアノニマス。アノニマス発生の経緯から、崩壊に至るまで。

■マルセル・シュオブ/矢野目源一訳 『吸血鬼:マルセル・シュオブ作品集』 盛林堂書房、11/42000円(税込?)
*『吸血鬼』(大正13年刊)を復刻。(戦後の復刊に『黄金仮面の王』コーベブックス)解説=長山靖生。

■今和泉隆行 『みんなの空想地図』 白水社、11/42000円+税

■工藤庸子 『いま読むペロー「昔話」』 羽鳥書店、11/52000円+税
*民間伝承と宮廷文化との出会いから生まれた物語の背景をふまえ仏文学者・工藤庸子が新たに訳す。充実の解説付。

西崎憲編 『怪奇小説日和』 ちくま文庫、11/61000円+税
*『怪奇小説の世紀』(国書刊行会)全3巻から厳選した13篇に新訳を追加した怪奇小説アンソロジー。

■フランク・M・アハーン、アイリーン・C・ホラン/寺西のぶ子訳 『完全履歴消去マニュアル』 河出書房新社、11/61600円+税
*ストーカーや探偵からの身の隠し方から、国外逃亡、死亡偽装といった失踪方法まで、ネット時代のプライバシーや個人情報の守り方を、その道のプロが教える決定版!

■ヤン・チヒョルト/渡邉翔訳 『アシンメトリック・タイポグラフィ』 鹿島出版会、11/63500円+税
 *活字の選択、組版の理論から、色や紙の効果的な用法まで、今日もなお有効なタイポグラフィと書物形成の基本原理を明快に解説。

■インデックスフォント研究会編 『外字・異体字のバリアフリーを目指して:漢字研究7年の軌跡』 文字文化協會、11/71500円+税

小林章 『まちモジ:日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?』 グラフィック社、11/82000円+税

■文藝春秋編 『東西ミステリーベスト100文春文庫、11/8660円+税
*ミステリー・ガイド四半世紀ぶりの大改訂。

大崎梢 『ようこそ授賞式の夕べに』 東京創元社、ミステリ・フロンティア、11/91500円+税
 *波瀾万丈の書店大賞授賞式の一日を描いた「成風堂書店事件メモ」×「出版社営業・井辻智紀の業務日誌」開幕!

木村俊介 『善き書店員』 ミシマ社、11/131800円+税

■アンドレ・ケルテス/渡辺滋人訳 『読む時間』 創元社、11/132200円+税

■エミール・ルーダー 『本質的なもの』 誠文堂新光社、11/142000円+税

山田俊幸編著 『年賀絵はがきグラフィティ』 青弓社、11/142000円+税
 *年賀絵はがきで読む近代日本の美意識と生活意識。

■山口謠司 『漢字はすごい!』 講談社現代新書、11/15740円+税
*漢字の成り立ちからその歴史を振り返り、今日では使われなくなった文字や日本独自の漢字などを紹介しながら、漢字の奥深さを案内する。

■ジョン・ルカーチ/村井章子訳 『歴史学の将来』 みすず書房、11/153200円+税
*歴史という学問を徹底的に考えながら、その発生から変遷、出版界に起きた歴史ブーム、歴史と小説などを論じ、歴史学の現状と将来について、真剣で快活な分析をおこなっている。「文書偽造の危険」の項もある。

■ジュゼッペ・トルナーレ/柱本元彦訳 『鑑定士と顔のない依頼人』 人文書院、11/151500円+税
*美術と骨董とオークションの世界に彩られた鮮やかなミステリー。12月に公開される映画を監督自身により小説化。

城所岩生 『著作権法がソーシャルメディアを殺す』 PHP新書、11/16760円+税
*日本の著作権法よ、いいかげんにしろ! 既得権を過剰に保護することに躍起となり、ユーザーを無視する“著作権ムラ”の実態をレポート。

■ブルース・ブエノ・デ・メスキータ、アラスタイア・スミス/四本健二・浅野宜之訳 『独裁者のためのハンドブック』 亜紀書房、11/182000円+税
*独裁志望者必読! なぜ「悪政」を行う独裁者が失脚しないのか、なぜあの権力者は不合理な決断をくだしながら生き残れるのか?

内澤旬子 捨てる女 本の雑誌社、11/191600円+税
*突然あたしは何もない部屋に住みたくなった。『身体のいいなり』の次は"気持ちのいいなり"となった著者が、生活道具や家具などから自ら長年蒐集してきたお宝本や書き続けてきたイラストまで大放出する捨て暮らしエッセイ。

『プロのための製菓技法 チョコレート:チョコレートの扱い・製法、それぞれの方法』 誠文堂新光社、11/192600円+税

■大橋博之編著 『少年少女昭和SF美術館:表紙でみるジュヴナイルSFの世界』 平凡社、11/203800円+税

■池上俊一 『お菓子でたどるフランス史』 岩波ジュニア新書、11/20880円+税
*世界一の国になるには素敵なお菓子が欠かせない!と考え、その甘い武器を磨いてきた国フランス。お菓子の由来も、歴史もしっかり学べる、華麗であま~いフランス史。

■古谷昌二編著 『平野富二伝 考察と補遺:明治産業近代化のパイオニア』 朗文堂、11/2212000円+税

■アリソン・フーヴァー・バートレット/築地誠子訳 『本を愛しすぎた男』 原書房、11/222400円+税
*希少古書のみ数百冊を巧妙な手口で盗み続けた「本を愛しすぎた男」と、彼を追う古書店主にして熱血素人探偵のデッドヒート!

■黒田日出男 『豊国祭礼図を読む』 角川学芸出版、角川選書、11/222000円+税

レオ・ペルッツ/垂野創一郎訳 『ボリバル侯爵』 国書刊行会、11/222600円+税

■津野海太郎 『花森安治伝:日本の暮しをかえた男』 新潮社、11/221900円+税

■湯沢英治(写真)、東野晃典(文と構成)REAL BONES:骨格と機能美』 早川書房、11/229000円+税
*「本物の骨」から作成したスタイリッシュに輝く標本を、動物骨格写真の第一人者が撮り下ろし、標本作製の稀有な専門家である獣医師がその機能美を完全解説する大型写真図鑑。

■ニック・レッドファーン 『ペンタゴン特定機密ファイル:謎の遺物・古代の核戦争・失われた文明アメリカ情報機関の極秘調査』 成甲書房、11/221800円+税
*CIA、国防総省など米国政府情報機関が秘密裏に調査してきた歴史上の謎を、オカルト的に解釈。トンデモ系の本。

■フランシス・ウィリアムズ・ベイン/松村みね子(片山廣子)訳 『闇の精』 盛林堂書房、11/221200円(税込)
19世紀末~20世紀初に出版された印度奇譚。のダークファンタジー。解説=井村君江。

鈴木大介 『振り込め犯罪結社:200億円詐欺市場に生きる人々』 宝島社、11/221300円+税
*振り込め詐欺実行犯の正体は、裏の金融ビジネスとしてフランチャイズ化された「犯罪結社」である。あくまで利益を追求する理念や組織論は、もはや一般企業がぬるいと思えるほどに卓抜したものだった。

稲生平太郎 『定本何かが空を飛んでいる』 国書刊行会、11/253200円+税
UFO現象を明快に論じた名著ついに復刊。あわせて他界に魅せられし人々の、影の水脈をたどるオカルティズム・民俗学エッセイ・評論を一挙集成。

長谷川郁夫 『知命と成熟:13のレクイエム』  白水社、11/252800円+税

鈴木健一編 『浸透する教養:江戸の出版文化という回路』 勉誠出版、11/257000円円+税
*近世日本における「知」の形成と伝播は如何になされたのか。「図像化」「リストアップ」「解説」という三つの軸より、近世文学と文化の価値を捉え直す。

■中子真治 『中子真治 SF映画評集成:ハリウッド80'sSFX映画最前線』 洋泉社、11/263800円+税
1980年代、映画少年たちを熱狂させたハリウッドSFXブームの仕掛人・中子真治。老生にとってはSF映画のバイブル『超SF映画』(奇想天外社、1980年)の著者であった。買おうと思ったが、あまりにも小さい字なので、一生読めそうになく、退却。

ジェフリー・ハーフ/星乃治彦ほか訳 『ナチのプロパガンダとアラブ世界』 岩波書店、11/266800円+税
*ナチスは第2次大戦中、中近東に対し大規模なプロパガンダを展開した。当時英仏からの独立を目指していたアラブ世界にとって、ナチのプロパガンダは抵抗のツールとみなされた。そして、その反ユダヤ主義はアラブ知識人の中に潜行していく。

■グザヴィエ・バラル編集、デザイン/宮本英昭日本語版監修 MARS 火星:未知なる地表 惑星探査機MROが明かす、生命の起源』 青幻舎、11/2612000円+税
NASA火星探査機マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)搭載の高解像度カメラ(HiRISE)がとらえた、その複雑で起伏に富んだ地表をカメラの視野そのままに収録。

濱下武志 『華僑・華人と中華網:移民・交易・送金ネットワークの構造と展開』 岩波書店、11/275500円+税
*巨大化する華僑・華人社会の構造と動態を,商業活動における移民・交易・送金システムを通して明らかにする。

■西野嘉章編 『インターメディアテク:東京大学 学術標本コレクション』 平凡社、11/271800円+税

大田垣晴子 『偏愛博物館スケッチ』 角川書店、11/271200円+税

ディヴィッド・J・スカウ編/田中一江・夏来健次・尾之上浩司訳 『シルヴァー・スクリーム』・下、創元推理文庫、11/28、各1160円+税
*映画ホラーアンソロジー。

 
 
【これから出る本】(タイトル・発売日・価格等はすべて予定)
 
12月予定
豊田市美術館監修 『反重力:浮遊・時空・パラレルワールド』 青幻舎、12/22800円+税
 *やっと刊行が間に合ったのか。
「反重力展」豊田市美術館、2013914日-1224日開催

山口晃 『すゞしろ日記 弐』 羽鳥書店、12/42200円+税
*東京大学出版会のPR誌《UP》が届いたら最初に見る「すゞしろ日記」が再度まとまる。「I すゞしろ日記風」と「IIUP版すゞしろ日記 第51回~第100回」の2部構成。

B・ジャック・コープランド/服部桂訳 『チューリング情報時代のパイオニア』 NTT出版、12/52900円+税
*現代のコンピュータの基本モデルを着想し、不完全性定理のもう一人の立役者であり、連合軍の勝利をもたらした暗号解読者であり、人工生命研究の先駆者でもあった天才数学者アラン・チューリング。ゲイとしての私生活、その死の謎などの逸話も含め、チューリング研究の第一人者が描き出す決定版伝記。

小塚昌彦 『ぼくのつくった書体の話活字と写植、そして小塚書体のデザイン』 グラフィック社、12/62500円+税
*毎日新聞書体、新ゴ、小塚明朝、小塚ゴシックのタイプデザインディレクターが語る、文字づくりのすべて。

■山本光伸R・チャンドラーの『長いお別れ』をいかに楽しむか』 柏艪舎、12/61500円+税
*『The Long Goodbyeの魅力を三者三様の訳文で紹介。40年以上、文芸翻訳の第一線で活躍してきた翻訳家山本光伸が、清水俊二・村上春樹両氏に「ぶつかり稽古」を挑む。

■桑原茂夫 『新版 不思議の国のアリス』 河出書房新社、ふくろうの本、12/61800円+税
*写真機の発明に恐竜の発見等、ヴィクトリア朝の魅力的な文化がワンダーランドを支えていた。

■東雅夫編 『日本幻想文学大全III日本幻想文学事典 ちくま文庫、12/101600円+税

早川義夫 『ぼくは本屋のおやじさん』 ちくま文庫、12/10720円+税
*元版の晶文社版と装幀はそっくり。双方とも平野甲賀による。

■高橋輝次 『書斎の宇宙:文学者の愛した机と文具たち』 ちくま文庫、12/10880円+税

■ロジェ・カイヨワ/中原好文訳 『斜線:方法としての対角線の科学』 講談社学術文庫、12/11880円+税

舟田詠子 『パンの文化史』 講談社学術文庫、12/111105円+税

東浩紀 『セカイからもっと近くに:現実から切り離された文学の諸問題』 東京創元社、キイ・ライブラリー、12/111300円+税
*想像力と現実が切り離された時代に、評論には何ができるのか。ライトノベル・ミステリ・アニメ・SF、それぞれのジャンルで文学と社会の再縫合を試みた作家を読み解く。

岩波書店辞典編集部編 『岩波世界人名大辞典』 岩波書店、12/1228000

■フラン・オブライエン/大澤正佳訳 『第三の警官』 白水Uブックス、12/121600円+税
*文学実験とアイルランド的奇想が結びついた奇跡の傑作。

大澤真幸 『思考術』  河出書房新社、12/121500
*読み、考え、そして書く――。思考技術の原論を説き、社会科学、文学、自然科学という異なるジャンルの文献から思考をつむぐ実践例を展開。

池央耿 『翻訳万華鏡』 河出書房新社、12/131800
*翻訳の職人としてあらゆるジャンルの翻訳をこなしてきた著者が初めて明かす「翻訳上達の極意」と「翻訳の醍醐味」。

シャルル・フレジェ WILDER MANN 欧州の獣人:仮装する原始の名残』 青幻舎、12/163800円+税
*ヨーロッパ諸国で何世紀も昔から伝わる祭りに登場する獣人たち。それらの驚くべき多様性と奇怪な美しさをおさめた写真集。

■飯田豊一 『「奇譚クラブ」から「裏窓」へ』 論創社、「出版人に聞く」シリーズ、12月中旬

■フレッド・B・リクソン/松田和也訳 『暗号解読事典』 創元社、12/184500円+税
 *古代からネット早期までの暗号の歴史的展開やトピックスを網羅的に解説した、読んで楽しく、調べて使える大事典。暗号クイズ付。632p

ロバート・グリーン/新庄哲夫訳 『アメリカン・ハッスル』上・下、河出文庫、12/17、各840円+税
*希代の天才詐欺師×FBI! 天才詐欺師の二枚舌が米政界と暗黒街を相手に仕掛けた、壮大なだましうちの記録! 映画「アメリカン・ハッスル」原案。

■桂千穂 『カルトムービー本当に面白い日本映画 19451980 メディアックス、12/181500円+税

脇明子 『少女たちの19世紀:人魚姫からアリスまで』 岩波書店、12/191600円+税
*ユニークで難解なキャロルの『不思議の国のアリス』はどのようにして誕生したのだろうか。『アリス』の誕生に影響を及ぼしたヨーロッパ文学とその社会背景を〈少女〉というキーワードでたどり、児童文学の揺籃期を明快に読み解く。

■ハンス・ベルティング/仲間裕子訳 『イメージ人類学』 平凡社、12/205000円+税
*美術史を広くイメージの学として構想し直したベルティングの理論的主著。

今井美恵、私市保彦 『「赤ずきん」のフォークロア誕生とイニシエーションをめぐる謎』 新曜社、メルヒェン叢書、12/203200

■菊地原洋平パラケルススと魔術的ルネサンス  勁草書房、Bibliotheca hermetica 叢書、12/215000
*近代医学の創始者か、賢者の石を手にした錬金術の達人か? 魔術・占星術とキリスト教の融合をめざしたパラケルススの研究の決定版! 紀伊國屋書店新宿本店での刊行記念トークイベントはこちら1214日ころから先行販売する模様。

■北原尚彦SF奇書コレクション』 東京創元社、キイ・ライブラリー、12/212300円+税
*汲めども尽きぬSF奇書・珍本。古書のみならず、脚本・図録から自費出版書籍まで、入手手段の限定された珍しい書籍を縦横無尽に紹介する。

■トーマス・デ・パドヴァ/藤川芳朗訳『ケプラーとガリレイ:書簡が明かす天才たちの素顔』白水社、12/233400円+税
*科学史上に輝く巨星の対照的な生涯と大発見、時代背景を活写した評伝。二人を結んだ「絆」として、交わした書簡が重要な役割を果たす。

ブルース・シュナイアー/山形浩生訳 『信頼と裏切りの社会』 NTT出版、12/244200円+税
*人間社会は信頼なくして成り立たない。しかし、社会の中には必ず、信頼を悪用して自分の利益にしようとする裏切り者がいる。このため社会は、裏切り者を見つけ出し、制裁を加える制度・システムを作ってきた。しかしネット社会とグローバル化の現在、そうした制度・システムが機能しない場面が増えている……社会科学、生物学などを総動員して、信頼の構成要素を解明する総合的研究。

■杉山久仁彦 『図説虹の文化史』 河出書房新社、12/254600円+税
*人びとは虹に何を見てきたか、その謎にいかに挑んできたか。虹をめぐる知と表現の系譜を通覧する一大スペクタクル。

■安井泰平 『ジャッロ映画の世界』(仮)彩流社、12/254500円+税
1960 年代以降のイタリア・ホラー・サスペンス映画群を徹底研究。怪しい魅力渦巻くジャッロ映画世界。

阿辻哲次、小駒勝美、柴田実、柏野和佳子、エリク・ロング 『日本語文字・表記の難しさとおもしろさ』(仮)彩流社、12/25

■ジョージ・G・スピーロ/青木薫訳 『ケプラー予想:四百年の難問が解けるまで』 新潮文庫、12/25940円+税
*元版は20054月刊行。

■正木香子 『本を読む人のための書体入門』 星海社新書、12/26820円+税

福嶋聡 『紙の本が死なない理由』 ポプラ社、12/311300円+税

ブライアン・J・ハドソン/鎌田浩毅監修 『図説滝と人間の歴史』 原書房、シリーズ人と自然と地球、12月、2400円+税
*ネイティブ・アメリカン、ケルト、インドなどの神話、伝説に現れ、ターナーほかの画家達に描かれ、庭園設計や建築に影響を与えた滝は、現在ではエネルギー開発の面でも注目されている。滝と人間の関わりをビジュアルで解説。

プランセス・サッフォー/野呂康・安井亜希子訳 『チュチュ:世紀末パリ風俗奇譚』 水声社、2800円+税
*知られざる19世紀最大の奇書。11月も未刊行だった模様。

石川九楊 『九楊先生の文字学入門』 左右社、3500円+税
*版元ドットコムのURLでは別な本が表示されてしまう。刊行されないのか?

『猟奇 復刻版』6、三人社、11月刊行予定だったが未刊行か?)60000
*昭和初期に出た探偵小説雑誌。

 
2014予定
■ヴォルフガング・ベーリンガー/長谷川直子訳 『魔女と魔女狩り』 刀水書房、刀水歴史全書8713500円+税 
Wolfgang Behringer, Wiches and Witch-Hunts: A Global History, 2004 の翻訳。

ビー・ウィルソン/真田由美子訳 『キッチンの歴史:料理道具が変えた人類の食文化』 河出書房新社、1/152800円+税
*美味しい料理は道具で進化した! 食の歴史はテクノロジーの歴史だ。古今東西の調理道具の歴史をたどりながら、それらが人々の暮らしや文化にどのような影響を与えてきたのかを読み解く。『食品偽造の歴史』(白水社)の著者による料理道具史。

■ティム・インゴルド/管啓次郎解説、工藤晋訳 『ラインズ:線の文化史』 左右社、1/152800円+税

山口昌男 『本の神話学』 岩波現代文庫、1/16

山口昌男 『歴史・祝祭・神話』 岩波現代文庫、1/16

『竹久夢二:大正ロマンの画家、知られざる素顔』 河出書房新社、1/171600円+税
*生誕130年記念出版。大正ロマンの象徴として、画家・詩人・デザイナーとして活躍した「夢二」の世界を多彩な顔ぶれが語る。

コリー・オルセン 『トールキンの「ホビット」を探して』 角川学芸出版、1/232300円+税
*『ホビット』から『指輪物語』へ、トールキンが残した謎を読み説く。

アダム・カバット 『江戸の化物草双紙の世界』 岩波書店、1/28

エドワード・D・ホック/木村二郎訳 『サイモン・アークの事件簿V 創元推理文庫、1
*オカルト探偵アークが異界の謎と遭遇する8編を収録した短編集第5弾。

■ミルチャ・エリアーデ/奥山倫明訳 『ポルトガル日記』 作品社、1月、2400円+税

シンシア・D・ベアテルセン/関根光宏訳 『キノコの歴史』 原書房、「食」の図書館、1月、2400円+税
*「神の食べもの」と呼ばれる一方「悪魔の食べもの」とも言われてきたキノコ。キノコ自体の平易な解説は勿論、採集・食べ方・保存、毒殺と中毒、宗教と幻覚、現代のキノコ産業についてまで述べた、キノコと人間の文化の歴史。

風間賢二 『ファミリー・ブラッド:家族にはつねにすでにモンスターが潜んでいる!』(仮)彩流社、3/25、定価未定

■鈴木宏 『書肆風の薔薇から水声社へ』(仮)論創社、「出版人に聞く」シリーズ

■ラリー・プリンチーペ/ヒロ・ヒライ訳 『錬金術の秘密』 勁草書房、BH 叢書 

U.ペンツェンホーファー 『評伝・パラケルスス』 勁草書房、BH 叢書(未定)

■ヒロ・ヒライ+小澤実編 『知のミクロコスモス:西欧中世ルネサンス精神史研究』 中央公論新社

ジャン・クロード・シュミット/小池寿子・廣川暁生・古本高樹訳 『イメージにひそむ身体:中世の視覚文化』 刀水書房、5000

■高橋洋、稲生平太郎 『映画の生体解剖』(仮)洋泉社
*シネマ対談

■臼田捷治 『工作舎物語』 左右舎

■松田行正、ミルキィ・イソベ、木内達朗 『デザイン・プレゼンテーションの哲学』 左右舎、神戸芸術工科大学レクチャーブックス

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢幻庵主人

Author:夢幻庵主人
隠居生活続行中。

最新記事
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR