FC2ブログ

『ミステリガール』◆ミステリについて(2)

某月某日、こんな本を読んだ。
 
 デイヴィッド・ゴードン/青木千鶴訳『ミステリガール』早川書房、HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS2013615日、1900円+税
 David Gordon, Mystery Girl, 2013
 
本書は、前に紹介した『二流小説家』の第2作。前作は評判ほどのレベルではなかったが、今回はどうだろうか。
 
あらすじを簡単に示しておこう。
小説家志望のサミュエル(サム)・コーンバーグは、勤めていた古書店が店をたたむことになり、失職してしまう。妻ララからは離婚を宣告され、職探しのあげくに見つけたのが探偵助手。私立探偵ソーラー・ロンスキーは超肥満体で強迫神経症を病んでいるものの、頭脳は明晰というアームチェア・デテクティブ。会うなりホームズ張りに、サムの現状を言い当てる。ラモーナ・ドゥーン(モナ・ノート)という美女を調査するが、数日後、サムの目の前で投身自殺を図る。このあと女たちの素性はめまぐるしく、二転三転するのだが・・・。
 
途中、ロンスキーの調査記録や、モナが書き残した最後の手紙、モナの夫ゼッド・ノートのDVD、ララの手紙など、前作と同じく独白で、一気に真相を語ってしまう(騙ってしまうところもあるが)。訳書で520ページ近い長篇だが、これらの関係者の長広舌ですべてが明らかになってしまう以上、映画や小説の薀蓄をダシにした単なる饒舌なドタバタ劇に過ぎない。
 
前作では文字通り「二流小説家」ではあったが、本書で三流以下であることを示した。
 
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
デイヴィッド・ゴードン/青木千鶴訳『二流小説家』早川書房、HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS20113月、1900円+税ハヤカワ・ミステリ文庫HM2013125日、1000+税
 
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢幻庵主人

Author:夢幻庵主人
隠居生活続行中。

最新記事
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR