FC2ブログ

■近刊メモ(2013年10月版 Ver.2)


10月前半で既に刊行された(はずの)本と、以降の近刊を掲載する。発売日順を原則としているが、WEBでの確認が中心なので、違っているかもしれない。
*前回掲載のものから追加・変更した箇所を茶色で示す。
なお、近刊の本についてはあくまでも予定であり、タイトル・発売日・価格ともに変更の可能性はある。
以下は私的メモ。
■読んだ本(▲元版で読んだ)、■買った本(▲元版所有)
 
10月前半に出た本から】
 
■野村恒彦『探偵小説の街・神戸』エレガントライフ()10/11600円+税

■近藤祐『脳病院をめぐる人びと:帝都・東京の精神病理を探索する』彩流社、10/22500円+税

■三上修『スズメ:つかず・はなれず・二千年』岩波書店、岩波科学ライブラリー、10/41500円+税

■柴田元幸翻訳叢書 『アメリカン・マスターピース古典篇』スイッチパブリッシング、10/52100円+税

坂川栄治+坂川事務所『本の顔:本をつくるときに装丁家が考えること』芸術新聞社、10/71800円+税

■ミステリー文学資料館編『古書ミステリー倶楽部』光文社文庫、10/8800円+税

東雅夫編『日本幻想文学大全II 幻視の系譜』ちくま文庫、10/81300円+税

■南條竹則中華料理秘話 泥鰌地獄と龍虎鳳』ちくま文庫、10/8700円+税

ピーター・デイリー編著/伊藤博明監訳 『エンブレムの宇宙:西欧図像学の誕生と発展と精華』 ありな書房、10/97200円+税
16世紀以来、西欧表象文化に深く根を下ろした綺想迸る〈エンブレム〉の研究集大成!

豊島正之編『キリシタンと出版』八木書店、10/108000円+税

■エベン・アレグザンダー/白川貴子訳『プルーフ・オブ・ヘヴン:脳神経外科医が見た死後の世界』ハヤカワ・ノンフィクション、10/101700+税

■ニール・シュービン/垂水雄二訳『ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト:最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅』ハヤカワ文庫NF10/10800+税

ベン・マッキンタイアー/小林朋則訳 『英国二重スパイ・システム:ノルマンディー上陸を支えた欺瞞作戦』 中央公論新社、10/102700円+税

■イサク・ディネセン/横山貞子訳 『ピサへの道:七つのゴシック物語1 白水Uブックス、10/101400円+税

■ホルヘ・ルイス・ボルヘス/木村榮一編訳 『ボルヘス・エッセイ集』 平凡社ライブラリー、10/121200円+税

 
 
【これから出る本】(タイトル・発売日・価格等はすべて予定)
 
10月後半予定
■黒岩比佐子『パンとペン:社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』講談社文庫、10/161010円+税
*元版は201010月に講談社から刊行。

山口ヨシ子『ダイムノヴェルのアメリカ:大衆小説の文化史』彩流社、10/173000円+税

■増井元『辞書の仕事』岩波書店、岩波新書、10/19760円+税

■郷原宏『日本推理小説論争史』双葉社、10/192500円+税

一柳廣孝・久米依子編著『ライトノベル・スタディーズ』青弓社、10/192000円+税

ホルヘ・ルイス・ボルヘス&マルガリータ・ゲレロ/柳瀬尚紀訳 『幻獣辞典』 晶文社、10/222800円+税【復刊】
1974年に正方形に近い判型で初版刊行→その後、晶文社クラシックスの一冊として四六判、2400円+税で再刊。

■立木鷹志『時間の本』国書刊行会、10/223400円+税

デイナ・プリースト、ウィリアム・アーキン/玉置悟訳『トップシークレット・アメリカ:暴走する「最高機密」機関』(仮)草思社、10/232200円+税

正木香子 『文字の食卓』 本の雑誌社、10/231800円+税
 *「写植書体」を、使用された名文とともに紹介する「文字と言葉をめぐる読書エッセイ」。

■杉江松恋 『読み出したら止まらない!海外ミステリーマストリード100日経文芸文庫、10/23650円+税

■ベン・アーロノヴィッチ/金子司訳『ロンドン警視庁特殊犯罪課3 地下迷宮の魔術師』ハヤカワ文庫FT10/251060円+税

■細馬宏通『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか:アニメーションの表現史』新潮社、新潮選書、10/251600円+税

大場正史訳『アラビアンナイト:バートン版千夜一夜物語拾遺』角川ソフィア文庫、10/25800円+税
*角川文庫からは1957年・58年に2分冊で、さらにリバイバル・コレクションとして19652月にも刊行されている。

齋藤嘉臣『文化浸透の冷戦史:イギリスのプロパガンダと演劇性』勁草書房、10/255500円+税

■大岡玲『男の読書術』岩波書店、10/262300円+税

■山東功『日本語の観察者たち:宣教師からお雇い外国人まで』岩波書店、そうだったんだ!日本語、10/261700円+税

田村隆 『返し包丁』 白水社、10/262000円+税

美術館連絡協議会監修 『美術館と建築』 青幻舎、10/292500円+税
*「美術館を建築家の作品にされたらたまらないよ」国内外で活躍してきた学芸出身者による放談(酒井忠康×蓑豊×原田マハ)など

■立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所編 『白川静を読むときの辞典』 平凡社、10/291800円+税 

豊田市美術館監修『反重力:浮遊・時空・パラレルワールド』青幻舎、10/312800円+税
「反重力展」豊田市美術館、2013914日-1224日開催

佐藤卓己 『物語岩波書店百年史 2 「教育」の時代』 岩波書店、10/312400円+税

苅部直『物語岩波書店百年史 3 「戦後」から離れて岩波書店、10/312200円+税

■飯倉照平『南方熊楠の説話学』勉誠出版、10/314500円+税

■大日本印刷『一〇〇年目の書体づくり:「秀英体平成の大改刻」の記録』大日本印刷(発売:DNPアートコミュニケーションズ)、10月、2000円+税

プランセス・サッフォー『チュチュ:世紀末パリ風俗奇譚』水声社、10月、2800円+税
*知られざる19世紀最大の奇書。

 
11月予定
■マルセル・シュオブ 『吸血鬼:マルセル・シュオブ作品集』 盛林堂書房、11/42000円(税込?)
*矢野目源一訳『吸血鬼』(大正13年刊)を復刻。(戦後の復刊に『黄金仮面の王』コーベブックス、あり)解説=長山靖生。

■今和泉隆行『みんなの空想地図』白水社、11/42000円+税

■西崎憲編『怪奇小説日和』ちくま文庫、11/61000円+税
*『怪奇小説の世紀』(国書刊行会)全3巻から厳選した13篇に新訳を追加した怪奇小説アンソロジー。

■文藝春秋編『東西ミステリーベスト100文春文庫、11/8660円+税
*ミステリー・ガイド四半世紀ぶりの大改訂。

大崎梢 『ようこそ授賞式の夕べに』 東京創元社、ミステリ・フロンティア、11/91500円+税

■山口謠司『みんなの漢字』講談社現代新書、11/15740円+税

■ティム・インゴルド/管啓次郎解説、工藤晋訳『ラインズ:線の文化史』左右社、11/152800円+税

ジョン・ルカーチ/村井章子訳 『歴史学の将来』 みすず書房、11/153200円+税

アンドレ・ケルテス 『読む時間』 創元社、11/192200円+税

■ヴォルフガング・ベーリンガー/長谷川直子訳 『魔女と魔女狩り』 刀水書房、刀水歴史全書8711/203500円+税 
Wolfgang Behringer, Wiches and Witch-Hunts: A Global History, 2004 の翻訳。

黒田日出男 『豊国祭礼図を読む』 角川学芸出版、11/222000円+税

長谷川郁夫 『知命と成熟:13のレクイエム』白水社、11/252800円+税

■正木香子 『文字のソムリエ』 ()星海社新書、11/26

■大橋博之編著 『少年少女昭和SF美術館:表紙でみるジュヴナイルSFの世界』 平凡社、11/273800円+税

ディヴィッド・J・スカウ編/田中一江・夏来健次・尾之上浩司訳『シルヴァー・スクリーム』(仮)上・下、創元推理文庫、11/28、各1160
*映画ホラーアンソロジー。収録作品はこちら

石川九楊『九楊先生の文字学入門』左右社、11/303500円+税

■西野嘉章編『インターメディアテク:東京大学 学術標本コレクション』平凡社、111800円+税
 *平凡社のサイトでは11月刊行予定で当然未刊だが、Amazon.jpでは9月に発売となり「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」との表示(2013/10/14現在)。

■広島市文化協会文芸部会編 『占領期の出版メディアと検閲:戦後広島の文芸活動』 勉誠出版、11月、1800円+税

■飯田豊一 『「奇譚クラブ」から「裏窓」へ』(仮)論創社、「出版人に聞く」シリーズ、11月?

 
12月以降予定
大田垣晴子 『偏愛博物館スケッチ』 角川書店、12/11200円+税

岩波書店辞典編集部編 『岩波世界人名大辞典』 岩波書店、12/1228000

風間賢二 『ファミリー・ブラッド:家族にはつねにすでにモンスターが潜んでいる!』(仮)彩流社、12/25、定価未定

福嶋聡『紙の本が死なない理由』ポプラ社、12/311300円+税

菊地原洋平 パラケルススと魔術的ルネサンス 勁草書房、BH 叢書、12

■東雅夫編『日本幻想文学大全III日本幻想文学事典(仮)ちくま文庫、12

レオ・ペルッツ/垂野創一郎訳『ボリバル侯爵』国書刊行会

■ミルチャ・エリアーデ/奥山倫明訳 『ポルトガル日記』作品社、201412400円+税

■鈴木宏『書肆風の薔薇から水声社へ』(仮)論創社、「出版人に聞く」シリーズ

■ラリー・プリンチーペ/ヒロ・ヒライ訳『錬金術の秘密』 勁草書房、BH 叢書、2014年 

U.ペンツェンホーファー『評伝・パラケルスス』勁草書房、BH 叢書(未定)

■ヒロ・ヒライ+小澤実編 『知のミクロコスモス:西欧中世ルネサンス精神史研究』 中央公論新社

ジャン・クロード・シュミット/小池寿子・廣川暁生・古本高樹訳『イメージにひそむ身体:中世の視覚文化』刀水書房、5000

■高橋洋、稲生平太郎 『映画の生体解剖』(仮)
*シネマ対談

■臼田捷治『工作舎物語』左右舎

■松田行正、ミルキィ・イソベ、木内達朗『デザイン・プレゼンテーションの哲学』左右舎、神戸芸術工科大学レクチャーブックス

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢幻庵主人

Author:夢幻庵主人
隠居生活続行中。

最新記事
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR