FC2ブログ

『〈辞書屋〉列伝』◆辞書編纂について(3)

某月某日、こんな本を読んだ。
 
 田澤 耕『〈辞書屋〉列伝:言葉に憑かれた人びと』中公新書、2014125日、860円+税 [注×文△索×]
 
本書は、「まえがき」の冒頭に<「辞書にはドラマがある」>(p.i)と宣言して、何人かの辞書編纂者(辞書屋)の生涯をいくつか集めて、辞書屋の特性を活写しようとした本。ただし、著者は終章で記しているように、日本で初めてカタルーニャ語の辞書を編纂した辞書屋なので、スペイン語・カタルーニャ語関連の記事がやや多い(第3章、第6章、第7章)。
 
目次を示しておこう。
 第1章 OED(『オックスフォード英語辞典』)――ジェームズ・マレー
 第2章 『ヘブライ語大辞典』――ベン・イェフダー
 第3章 『カタルーニャ語辞典』――プンペウ・ファブラ、『カタルーニャ語・バレンシア語・バレアルス語辞典』――アントニ・マリア・アルクベー
 第4章 『言海』――大槻文彦
 第5章 明治の知識人に大きな影響を及ぼした二人の辞書屋――ウェブスターとヘボン
 第6章 『西日辞典』――照井亮次郎と村井二郎
 第7章 『スペイン語用法辞典』――マリア・モリネール
終章 辞書と私
 
1章では、OED編纂の中心人物であるジェームズ・マレー博士(18371915)の略伝が紹介される。そのなかでもOEDの編纂の最大の貢献者となったウィリアム・マイナー元アメリカ陸軍軍医についても触れているが、これについて詳述しているサイモン・ウィンチェスターの『博士と狂人』について、著者は<小説>と扱っている(p.7)。随分前に読んだきりなのであったが、小説ではなかったように思うが…。
 
2章では、ユダヤ教の儀式や研究にのみ使われていたヘブライ語を、現代で使える言語にしたベン・イェフダー(18581922)という〈辞書屋〉を紹介。2000年前の言語を今に甦らせるというとんでもないことを、辞書を編纂することを通じて実現してしまう。当然いろいろな問題が生じた。なかでも<ヘブライ語には、この言語を神聖なものとして崇め奉り、日常生活に使うことは許すまいという勢力が存在していた>(p.37)し、2000年前には当然存在しえなかった事柄も数多くあった。そのためにベン・イェフダーは、あるときは目指す言葉に近い言葉を探して<ヘブライ語の語形成規則に従って単語を作る。>(p.38)それでも見つからないときは、自分で考案までした。そして、<発掘した語、考案した語を集めて自分の辞書に収めた。>(p.38
1次世界大戦後、パレスチナにユダヤ人の地が確保されると、英語・アラビア語・ヘブライ語が公用語となると、ベン・イェフダーの夢は実現し、ヘブライ語が街で話されるようになる。彼の辞書は生前には間に合わず、最終巻(全16巻)が刊行されたのは、生誕百年の1958年だった。
 
7章で取り上げている、もっとも優れた西西辞典と評される『スペイン語用法辞典』を書いたのは、一人の主婦だった。そのマリア・モリネール(19001981)は、ガルシア・マルケスによれば、<たった一人で、自宅で、自分自身の手を使って、もっとも完全で役に立つ、もっとも神経の行き届いた、そしてもっとも楽しい、スペイン語の辞書を「書いた」のである。>(p.206)さらに続けて、<マリア・モリネールは、図書館司書の仕事と、彼女が自分の本来の仕事だと考えていた靴下にツギを当てることの合間にこの辞書を書いた。>(p.206
15年にわたるその成果が、1966年に出た2巻で合計3000ページにもなる『スペイン語用法辞典』だった。
詳しくはわからないが、かなり個性的な編纂であったことが伺える。版権を継承した長男の妻がスペイン語学者であったため、マリア・モリネールの死後に第2版を編纂した際に、見出し語の配列を普通のアルファベット順にしたりして(第1版では派生した言葉はアルファベット順に反してでも元の言葉近くに置かれた)、他の子どもたちがそれを批判しているからだ。また「日」という項目は、第1版では「太陽が地球を完全に一周するのに要する時間」と定義されていた(第2版では変更)。これでは地動説のままだが、次男に言わせれば、<人間の実感を大切にした定義をした>ということだった(pp.224-7)。恐らく常識的に考えれば、第1版は辞書としては失格もしくは問題あり、となってしまうだろう。しかし、そうであっても高く評価されていることを見ると、全般的にはその個性的な編纂が良い辞書となっているのであろうか。
 
終章は、著者がカタルーニャ語と出会い、銀行の職を辞して大学院に入り直し、バルセロナ大学に留学した際に辞書学なるものを知り、遂にカタルーニャ語辞典を作り上げるまでを描く。
 
本書は、〈辞書屋〉のドラマを描くことに主眼を置いているため、エピソード中心であり、辞書編纂そのものを深く掘り下げることはない。それでもベン・イェフダーの『ヘブライ語大辞典』は、ヘブライ語という古語を現代に甦らせることに成功し、マリア・モリネールの『スペイン語用法辞典』は、徒手空拳であろうとも優れた知性と持続する根気が成果を生み出すことができるようになると教えてくれる。
 
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
サイモン・ウィンチェスター/鈴木主税訳『博士と狂人:世界最高の辞書OEDの誕生秘話』早川書房、19994月、1800円→早川書房、ハヤカワ文庫NF20063月、740
 
 
◆[辞書編纂]関連ブックリスト
*辞書編纂関連のブックリストについてはこちらを参照。だいぶ欠落が多いことに気がついたが、改めて掲載したい。

 

スポンサーサイト



プロフィール

夢幻庵主人

Author:夢幻庵主人
隠居生活続行中。

最新記事
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR