FC2ブログ

■近刊メモ(2013年10月版 Ver.2)


10月前半で既に刊行された(はずの)本と、以降の近刊を掲載する。発売日順を原則としているが、WEBでの確認が中心なので、違っているかもしれない。
*前回掲載のものから追加・変更した箇所を茶色で示す。
なお、近刊の本についてはあくまでも予定であり、タイトル・発売日・価格ともに変更の可能性はある。
以下は私的メモ。
■読んだ本(▲元版で読んだ)、■買った本(▲元版所有)
 
10月前半に出た本から】
 
■野村恒彦『探偵小説の街・神戸』エレガントライフ()10/11600円+税

■近藤祐『脳病院をめぐる人びと:帝都・東京の精神病理を探索する』彩流社、10/22500円+税

■三上修『スズメ:つかず・はなれず・二千年』岩波書店、岩波科学ライブラリー、10/41500円+税

■柴田元幸翻訳叢書 『アメリカン・マスターピース古典篇』スイッチパブリッシング、10/52100円+税

坂川栄治+坂川事務所『本の顔:本をつくるときに装丁家が考えること』芸術新聞社、10/71800円+税

■ミステリー文学資料館編『古書ミステリー倶楽部』光文社文庫、10/8800円+税

東雅夫編『日本幻想文学大全II 幻視の系譜』ちくま文庫、10/81300円+税

■南條竹則中華料理秘話 泥鰌地獄と龍虎鳳』ちくま文庫、10/8700円+税

ピーター・デイリー編著/伊藤博明監訳 『エンブレムの宇宙:西欧図像学の誕生と発展と精華』 ありな書房、10/97200円+税
16世紀以来、西欧表象文化に深く根を下ろした綺想迸る〈エンブレム〉の研究集大成!

豊島正之編『キリシタンと出版』八木書店、10/108000円+税

■エベン・アレグザンダー/白川貴子訳『プルーフ・オブ・ヘヴン:脳神経外科医が見た死後の世界』ハヤカワ・ノンフィクション、10/101700+税

■ニール・シュービン/垂水雄二訳『ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト:最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅』ハヤカワ文庫NF10/10800+税

ベン・マッキンタイアー/小林朋則訳 『英国二重スパイ・システム:ノルマンディー上陸を支えた欺瞞作戦』 中央公論新社、10/102700円+税

■イサク・ディネセン/横山貞子訳 『ピサへの道:七つのゴシック物語1 白水Uブックス、10/101400円+税

■ホルヘ・ルイス・ボルヘス/木村榮一編訳 『ボルヘス・エッセイ集』 平凡社ライブラリー、10/121200円+税

 
 
【これから出る本】(タイトル・発売日・価格等はすべて予定)
 
10月後半予定
■黒岩比佐子『パンとペン:社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』講談社文庫、10/161010円+税
*元版は201010月に講談社から刊行。

山口ヨシ子『ダイムノヴェルのアメリカ:大衆小説の文化史』彩流社、10/173000円+税

■増井元『辞書の仕事』岩波書店、岩波新書、10/19760円+税

■郷原宏『日本推理小説論争史』双葉社、10/192500円+税

一柳廣孝・久米依子編著『ライトノベル・スタディーズ』青弓社、10/192000円+税

ホルヘ・ルイス・ボルヘス&マルガリータ・ゲレロ/柳瀬尚紀訳 『幻獣辞典』 晶文社、10/222800円+税【復刊】
1974年に正方形に近い判型で初版刊行→その後、晶文社クラシックスの一冊として四六判、2400円+税で再刊。

■立木鷹志『時間の本』国書刊行会、10/223400円+税

デイナ・プリースト、ウィリアム・アーキン/玉置悟訳『トップシークレット・アメリカ:暴走する「最高機密」機関』(仮)草思社、10/232200円+税

正木香子 『文字の食卓』 本の雑誌社、10/231800円+税
 *「写植書体」を、使用された名文とともに紹介する「文字と言葉をめぐる読書エッセイ」。

■杉江松恋 『読み出したら止まらない!海外ミステリーマストリード100日経文芸文庫、10/23650円+税

■ベン・アーロノヴィッチ/金子司訳『ロンドン警視庁特殊犯罪課3 地下迷宮の魔術師』ハヤカワ文庫FT10/251060円+税

■細馬宏通『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか:アニメーションの表現史』新潮社、新潮選書、10/251600円+税

大場正史訳『アラビアンナイト:バートン版千夜一夜物語拾遺』角川ソフィア文庫、10/25800円+税
*角川文庫からは1957年・58年に2分冊で、さらにリバイバル・コレクションとして19652月にも刊行されている。

齋藤嘉臣『文化浸透の冷戦史:イギリスのプロパガンダと演劇性』勁草書房、10/255500円+税

■大岡玲『男の読書術』岩波書店、10/262300円+税

■山東功『日本語の観察者たち:宣教師からお雇い外国人まで』岩波書店、そうだったんだ!日本語、10/261700円+税

田村隆 『返し包丁』 白水社、10/262000円+税

美術館連絡協議会監修 『美術館と建築』 青幻舎、10/292500円+税
*「美術館を建築家の作品にされたらたまらないよ」国内外で活躍してきた学芸出身者による放談(酒井忠康×蓑豊×原田マハ)など

■立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所編 『白川静を読むときの辞典』 平凡社、10/291800円+税 

豊田市美術館監修『反重力:浮遊・時空・パラレルワールド』青幻舎、10/312800円+税
「反重力展」豊田市美術館、2013914日-1224日開催

佐藤卓己 『物語岩波書店百年史 2 「教育」の時代』 岩波書店、10/312400円+税

苅部直『物語岩波書店百年史 3 「戦後」から離れて岩波書店、10/312200円+税

■飯倉照平『南方熊楠の説話学』勉誠出版、10/314500円+税

■大日本印刷『一〇〇年目の書体づくり:「秀英体平成の大改刻」の記録』大日本印刷(発売:DNPアートコミュニケーションズ)、10月、2000円+税

プランセス・サッフォー『チュチュ:世紀末パリ風俗奇譚』水声社、10月、2800円+税
*知られざる19世紀最大の奇書。

 
11月予定
■マルセル・シュオブ 『吸血鬼:マルセル・シュオブ作品集』 盛林堂書房、11/42000円(税込?)
*矢野目源一訳『吸血鬼』(大正13年刊)を復刻。(戦後の復刊に『黄金仮面の王』コーベブックス、あり)解説=長山靖生。

■今和泉隆行『みんなの空想地図』白水社、11/42000円+税

■西崎憲編『怪奇小説日和』ちくま文庫、11/61000円+税
*『怪奇小説の世紀』(国書刊行会)全3巻から厳選した13篇に新訳を追加した怪奇小説アンソロジー。

■文藝春秋編『東西ミステリーベスト100文春文庫、11/8660円+税
*ミステリー・ガイド四半世紀ぶりの大改訂。

大崎梢 『ようこそ授賞式の夕べに』 東京創元社、ミステリ・フロンティア、11/91500円+税

■山口謠司『みんなの漢字』講談社現代新書、11/15740円+税

■ティム・インゴルド/管啓次郎解説、工藤晋訳『ラインズ:線の文化史』左右社、11/152800円+税

ジョン・ルカーチ/村井章子訳 『歴史学の将来』 みすず書房、11/153200円+税

アンドレ・ケルテス 『読む時間』 創元社、11/192200円+税

■ヴォルフガング・ベーリンガー/長谷川直子訳 『魔女と魔女狩り』 刀水書房、刀水歴史全書8711/203500円+税 
Wolfgang Behringer, Wiches and Witch-Hunts: A Global History, 2004 の翻訳。

黒田日出男 『豊国祭礼図を読む』 角川学芸出版、11/222000円+税

長谷川郁夫 『知命と成熟:13のレクイエム』白水社、11/252800円+税

■正木香子 『文字のソムリエ』 ()星海社新書、11/26

■大橋博之編著 『少年少女昭和SF美術館:表紙でみるジュヴナイルSFの世界』 平凡社、11/273800円+税

ディヴィッド・J・スカウ編/田中一江・夏来健次・尾之上浩司訳『シルヴァー・スクリーム』(仮)上・下、創元推理文庫、11/28、各1160
*映画ホラーアンソロジー。収録作品はこちら

石川九楊『九楊先生の文字学入門』左右社、11/303500円+税

■西野嘉章編『インターメディアテク:東京大学 学術標本コレクション』平凡社、111800円+税
 *平凡社のサイトでは11月刊行予定で当然未刊だが、Amazon.jpでは9月に発売となり「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」との表示(2013/10/14現在)。

■広島市文化協会文芸部会編 『占領期の出版メディアと検閲:戦後広島の文芸活動』 勉誠出版、11月、1800円+税

■飯田豊一 『「奇譚クラブ」から「裏窓」へ』(仮)論創社、「出版人に聞く」シリーズ、11月?

 
12月以降予定
大田垣晴子 『偏愛博物館スケッチ』 角川書店、12/11200円+税

岩波書店辞典編集部編 『岩波世界人名大辞典』 岩波書店、12/1228000

風間賢二 『ファミリー・ブラッド:家族にはつねにすでにモンスターが潜んでいる!』(仮)彩流社、12/25、定価未定

福嶋聡『紙の本が死なない理由』ポプラ社、12/311300円+税

菊地原洋平 パラケルススと魔術的ルネサンス 勁草書房、BH 叢書、12

■東雅夫編『日本幻想文学大全III日本幻想文学事典(仮)ちくま文庫、12

レオ・ペルッツ/垂野創一郎訳『ボリバル侯爵』国書刊行会

■ミルチャ・エリアーデ/奥山倫明訳 『ポルトガル日記』作品社、201412400円+税

■鈴木宏『書肆風の薔薇から水声社へ』(仮)論創社、「出版人に聞く」シリーズ

■ラリー・プリンチーペ/ヒロ・ヒライ訳『錬金術の秘密』 勁草書房、BH 叢書、2014年 

U.ペンツェンホーファー『評伝・パラケルスス』勁草書房、BH 叢書(未定)

■ヒロ・ヒライ+小澤実編 『知のミクロコスモス:西欧中世ルネサンス精神史研究』 中央公論新社

ジャン・クロード・シュミット/小池寿子・廣川暁生・古本高樹訳『イメージにひそむ身体:中世の視覚文化』刀水書房、5000

■高橋洋、稲生平太郎 『映画の生体解剖』(仮)
*シネマ対談

■臼田捷治『工作舎物語』左右舎

■松田行正、ミルキィ・イソベ、木内達朗『デザイン・プレゼンテーションの哲学』左右舎、神戸芸術工科大学レクチャーブックス

 

スポンサーサイト



『中国の黒社会』◆チャイニーズ・マフィアについて

某月某日、こんな本を読んだ。
 
 石田収『中国の黒社会』講談社、講談社現代新書、2002420日、660円+税 [注△文×索×]
 
本書は、中国人による犯罪組織である「黒社会」(チャイニーズ・マフィア)について、その秘密結社としての淵源から現代の世界中で暗躍している姿までを描いた書である。
<世界を席巻するチャイニーズ・マフィアの総数はいったいどれぐらいなのであろう。その数は少なく見積もっても150万~200万人はいると思われる。>(p.14
 
中国の秘密結社がそもそもどのような理由で生まれたのか。<中国社会における秘密結社とは何か。一口で言えば、それは権力から収奪され続けた庶民が、みずからを守るために作った組織である。>(p.28)<みずからの安全を守るのはいわゆる「お上」ではなく、まずは血縁関係である一族、ついでは地縁であった。そして、それらを越えるものが必要となった時、人々は秘密結社にその存在価値を見出したのである。>(p.29
その結果、<「お上」への抵抗という結社の目的は、自然の流れとして組織に政治性を付与することになる。そのため、秘密結社は往々にして反乱や暴動の発火点となった。>(p.29
 
その背景には、<中国社会独自の必然性があった。すなわち、中国においては権力が民衆を保護することはほとんどないという特殊な事情である。中国における権力とはむきだしの力であり、権力者や権力に仕える役人になることは、直接的に富を意味した。>(p.49
単純化しては歴史を読み誤るおそれはあるが、基本的な理解としては納得できる。科挙に合格して役人ともなれば、一族郎党がそのおこぼれに預かろうとする話は枚挙にいとまがない。それは現代の中国でも同じか。
 
中国史の底流を流れてきた秘密結社は、清朝末期に犯罪組織としての面を色濃くしていった。
<権力の圧政・横暴から身を守る目的で結成された秘密結社が、近現代において多くが犯罪組織へとその姿を変えている。それはなぜであろうか。/ここにもやはり、中国社会独特の構造が影響している。すなわち、中国社会においては伝統的に何が悪で、何が悪でないのかが明確ではないということである。/…そうであればこそ、秘密結社のメンバーが犯罪に走るのにそれほどの抵抗はなかったと推測される。>(pp.49-50
この論理は理解しがたい。「伝統的に何が悪で、何が悪でないのかが明確ではない」という「中国社会独特の構造」があるにせよ、その指摘だけでは秘密結社が犯罪組織に変貌する理由とするにはあまりに弱い。それなら、もっと古い時代から犯罪組織になっていたはずだ。
むしろ、時代性を踏まえて考えてみると、ある一定の暴力装置を持つ集団である秘密結社が、一方で外圧があり、他方で国内の混迷を背景に、この機に乗じて自らの勢力拡張を手っ取り早く行おうとしたのではなかったか。かつてであれば政治的に自ら立ち上がったかもしれないが、いわば革命の主体は別に存在し、むしろ漁夫の利を得ようとしたのではないか。この点については、もう少し勉強する必要がありそうだ。
 
ともあれ、<秘密結社は革命運動期に大きな役割を果たし>(p.45)たのであった。
<孫文は秘密結社を高く評価し、秘密結社の力によって清朝打倒を図ろうとした。>(p.46)なぜなら、<秘密結社は自衛組織である以上、ある一定の暴力を保持しており、革命勢力は、国家権力の暴力に立ち向かう必要上、秘密結社の戦闘力と結びついたのである。>(p.46
 
ちなみに、<中国人のいるところ秘密結社(洪門)ありと言われるが、米国に渡った中国人は1850年に秘密結社「致公堂」を作っている。>(p.149)ただし、本書の別な箇所では、ニューヨークのチャイナタウンにある「致洪堂」(現在では米当局が犯罪組織と認定)は1845年に成立しているとする(p.151)。1850年代にできたサンフランシスコのチャイナタウンには、独自の「市長」「市議会」がいまもあるという。もちろん公式のものではないが。
 
<黒社会は単一の組織ではない。日本の暴力団のように多くのグループに分かれている。しかし、そのグループは時に連携を取り合い、国を越えて行動している。その中心にあるのは中国人としての血だ。これを中国人自身は「炎黄の子孫」という。炎帝、黄帝の子孫である限り、中国人としての意識は存在する。また、海外に出た中国人は二世、三世になっても中国人としての意識を容易には捨てない。>(p.14
この点については、以前読んだデイヴィッド・ワイズ『中国スパイ秘録』で、中国移民の多くがいわばスリーパーとして中国本土からの指示があれば諜報活動に入る、と述べていたことを思い出す。米国籍をとろうと、中国人としての自覚が最優先される。だから「中国人であるあなたが知りうる知識を、中国のために利用するのが最善である」として、スパイ活動をする中国人二世が絶えない。黒社会も然りなのであろうか。
 
黒社会はありとあらゆる犯罪に手を染めており、それらについても随所に紹介されている。
ユニークな犯罪としては、<70年代には「睡棺材底」という新手の犯罪が生まれた。それは、優秀な人材を一流の銀行や貿易会社に送り込み、何年もかけて会社の信用を得てから、一挙に大金を騙し取るというもの>(p.107)で、まさにスパイそのものである。
また、香港の内装・改装業者の約7割が黒社会の一つ<福義興に所属する通称「大頭蔡」なる人物>によって支配されており、改装工事では<工事をしながら、同時に後で空き巣に入るときの下調べをさせる。工事用の資材も盗品であることが多く、コストが少なくてすむ>(pp.107-8)という。現在もそうなのかどうかは定かではないが、香港で内装・改装工事は頼まない方がいいのかもしれない。
 
中国・香港・台湾それぞれの黒社会組織の間では、近年連携が進んでいるという。<これを指して、黒いトライアングルと呼ぶ。…それぞれ得意分野があり、それをお互い補いあいながら発展をはかろうというものだ。/例えば、中国大陸の黒社会は密航者の提供、銃器の獲得、麻薬の入手、殺人者のリクルート、誘拐のノウハウにたけている。一方、香港や台湾の黒社会は国際社会とのつながり、外国の犯罪組織とのコネクション、語学力、巨額資金の提供などでは群を抜いている。>(p.118)こうした連携の中で、例えば中国大陸に出回っている偽札の<大部分は台湾で印刷されたものだという。台湾の印刷技術は高いため、なかなかニセ札とは判明しにくく、一部ではそのまま使われている。>(pp.123-4
 
日本に対する影響はどうだろうか。
<日本における中国人の犯罪の大半が、黒社会による組織犯罪である。…/日本における黒社会の犯罪はかなり組織的で、司令部と実行部隊があり、実行部隊としては本国から腕の立つプロを呼んで犯罪を行う傾向がある。>(p.133)のだそうだ。
 
中国でも黒社会の摘発を行なっている。だが一方で<中国共産党と香港黒社会の癒着が折に触れて問題となっている。>(p.173)これは香港が返還されるに際し、<中国政府としては、強力な香港の黒社会は「香港の民主勢力」を牽制する格好の存在と映っているのである。「毒を以て毒を制す」。これこそ中国人が昔から好んで使ってきた戦略である。>(p.173)当時の公安相や鄧小平も、堂々と「愛国的な」黒社会を擁護する発言をしているほどだ(pp.173-7)。
 
注記は出典表示であるが、書籍に関してはページの記載はあっても発行年の記載がなく、一方本文中に掲げた文献は注記には掲げずページも発行年も記載せず。なお、本文p.22にある『中国大陸黒社会』は、(注7)にある『黒社会:中国を揺るがす組織犯罪』(草思社)ではないのか。
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
デイヴィッド・ワイズ/石川京子・早川麻百合訳『中国スパイ秘録:米中情報戦の真実』原書房、20122月、2400
何頻、王兆軍/中川友訳『黒社会:中国を揺るがす組織犯罪』草思社、19974月、2500
 
 

プロフィール

夢幻庵主人

Author:夢幻庵主人
隠居生活続行中。

最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR