FC2ブログ

『ミステリガール』◆ミステリについて(2)

某月某日、こんな本を読んだ。
 
 デイヴィッド・ゴードン/青木千鶴訳『ミステリガール』早川書房、HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS2013615日、1900円+税
 David Gordon, Mystery Girl, 2013
 
本書は、前に紹介した『二流小説家』の第2作。前作は評判ほどのレベルではなかったが、今回はどうだろうか。
 
あらすじを簡単に示しておこう。
小説家志望のサミュエル(サム)・コーンバーグは、勤めていた古書店が店をたたむことになり、失職してしまう。妻ララからは離婚を宣告され、職探しのあげくに見つけたのが探偵助手。私立探偵ソーラー・ロンスキーは超肥満体で強迫神経症を病んでいるものの、頭脳は明晰というアームチェア・デテクティブ。会うなりホームズ張りに、サムの現状を言い当てる。ラモーナ・ドゥーン(モナ・ノート)という美女を調査するが、数日後、サムの目の前で投身自殺を図る。このあと女たちの素性はめまぐるしく、二転三転するのだが・・・。
 
途中、ロンスキーの調査記録や、モナが書き残した最後の手紙、モナの夫ゼッド・ノートのDVD、ララの手紙など、前作と同じく独白で、一気に真相を語ってしまう(騙ってしまうところもあるが)。訳書で520ページ近い長篇だが、これらの関係者の長広舌ですべてが明らかになってしまう以上、映画や小説の薀蓄をダシにした単なる饒舌なドタバタ劇に過ぎない。
 
前作では文字通り「二流小説家」ではあったが、本書で三流以下であることを示した。
 
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
デイヴィッド・ゴードン/青木千鶴訳『二流小説家』早川書房、HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS20113月、1900円+税ハヤカワ・ミステリ文庫HM2013125日、1000+税
 
 

スポンサーサイト



『二流小説家』◆ミステリについて

某月某日、こんな本を読んだ。
 
 デイヴィッド・ゴードン/青木千鶴訳『二流小説家』早川書房、ハヤカワ・ミステリ文庫HM2013125日、1000円+税
 David Gordon, The Serialist, 2010
 
本書の元版は、20113月にHAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS1冊として刊行された。本書の「訳者あとがき」によれば、2011年の『ミステリが読みたい!』『このミステリーがすごい!』「週刊文春ミステリーベスト10」の各海外部門ですべて1位を占めたそうだ(p.559)。しかし、久しぶりにミステリとして本書を読み、非常に違和感を覚えてしまった。
 
★注意★ 以下の記述でネタバレをしている箇所があります。
未読の方は、お気をつけてください。
 
あらすじは省略。一読して、違和感を覚えた箇所を記す。
 
1)主人公は、ポルノから始まって、SF、ミステリ(ハードボイルド)、ヴァンパイア小説などを書いている小説家。本書の中に、主人公が執筆した作品の抜粋がところどころ出てくる。こうした作中作の提示手法は、ありふれたやり口であり、別に目新しいものでもない。何通りも筆名を変えながら、ジャンル小説をかき分けているのでそれを例示した、という設定くらいだ。ところが、これらが本書の中でほとんど活きていない。つまり全部読み飛ばしても、枠物語には全く影響がない。つまり全体を構築する中で、枠物語と作品抜粋との有機的な結合がなされていないので、何ら効果的でなく無駄なページとなっている。
作中作とするなら、都筑道夫の『三重露出』のような仕掛けを期待したい。
 
2)モデルを口実に4人の女性を殺したとされる死刑囚のダリアン・クレイから、告白本を書くよう依頼された、というのが本書の大きな筋となる。設定では1996年から1997年にかけて起きた事件だ。作中のメインの時間は20094月から7月となっている。事件から概ね12年後の話となる。
ダリアンの弁護士キャロル・フロスキーは、ダリアンの実の母親だった。しかし、まずこの1点でおかしい。ダリアンは幼くして里親に出されたとされるが、実はその後も実の母親(キャロル・フロスキー)と何度も会い、大きくなってからは一緒に暮し行動もともにしていたとされる。当然容疑者の周辺は徹底的に調査されるべきではないのか。なぜ実の母親の存在が不明だったのか。
名前の不一致があるのだが、死刑囚なのだから「ダリアン・クレイ」が実名だとすると、「キャロル・フロスキー」は偽名なのか、それともダリアンを生んでから離婚でもして名前が変わったのか。いずれにせよFBIも調査するはずの初歩的なことではないか。
また<ダリアンが警察に逮捕されると、息子を救うため、法学部に入学して学位をとった。…はじめのうちダリアンには官選弁護人がついていたが、五年後からフロスキーが弁護を引き継いでいる。>(p.441)どこの大学の法学部に入学したのかは不明だが、ニューヨーク州の弁護士資格はそんなに簡単にとれるものなのだろうか(ニューヨーク州は比較的短期間で資格をとれるらしいが)。法学部に入学するまでのフロスキーの仕事はもっぱら売春婦だったにもかかわらず、逮捕されて5年後には弁護士となっているわけだから、あまりにも超スピードではないのか。
ダリアンは逮捕された後、一貫して容疑を否認しており、決定的な証拠が欠けているため、死刑判決が確定してからも何度も再審請求を繰り返している。これはフロスキーによる死刑引き伸ばしの作戦だという。そしてダリアンが告白本を書くよう依頼した後、ダリアンにファンレターを出した女性3人は、かつての事件とよく似た残虐な手口で殺されたのだが、これらはフロスキーが実はダリアンは無罪で本当の犯人は別にいると思わせるために殺したとする。再審請求が却下され、他に手の打ちようがなくなったから、起死回生を狙ったとも考えられるのだが、それならとっくに事件を起こしてもよかったのではないのか。
 
3)逮捕後、切断された被害者の頭部が発見されなかったとされる。しかし、犯罪現場のすぐ裏の森で結局発見されるわけだが、こんなところをどうして捜査しなかったのだろうか。直観で主人公が気がつくと、たちまち重機で穴を掘って見つけられる程度なのだから、当然調べるべきだったはず。発見された頭部の数が別な事件の伏線を解決するわけだが、それを仕込むためにすぎず、あまりにも安易。
 
4)終結間際のダリアンの長広舌(pp.487-507)。ひたすら冗長。フロスキーの告白との微妙な食い違いを醸成しようとするのでしかない。せいぜい埋められた頭部の中心にモルモットの骨があったのが、ダリアンの最初の殺しの実例を示すということか。
さらにおかしいのは、この告白は録音もメモをとることも禁止という条件をダリアンがハリーにつけたという設定。実際には記憶で書き起こした形になっている以上、意味がない。<すべてフィクションとして世に出さなければならない>(p.486)という条件設定は、本書全体が壮大なフィクションなんですよとしたいがためか。終末近くに<今回の経験から可能なかぎりかすめとり、フィクションとして形を変え、名前や細部も変えて、一篇の小説を生みだそう>(p.555)と主人公に考えさせているのだが、その伏線としてもお粗末な設定ではないのか。
 
5)登場人物はどれも類型的なのだが、唯一面白かったのは、主人公ハリーが家庭教師をつとめた女子高生クレア・ナッシュ。ハリーのビジネス・パートナーとしてテキパキと仕切ってきた。いい感じのキャラクターだったのだが、フロスキーに襲われた途端、あっけなく退場。最後に別れの手紙1枚はないだろう、と思うのだが、クレアに入れ込みすぎか。
 
他にも読んでいる最中には「変だなあ」と思う箇所はいくつかあったが、読み終わった途端、忘却。
結論は「二流ミステリ」。
次には著者の第2作『ミステリガール』を読んでみよう。
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
ミステリマガジン編集部編『ミステリが読みたい! 2012年版』早川書房、201111月、667
『このミステリーがすごい!』編集部編『このミステリーがすごい!2011年のミステリー&エンターテインメントベスト20』宝島社、201112月、476
「週刊文春ミステリーベスト10」《週刊文春》2011128号掲載
都筑道夫『三重露出』東都書房、1964年→光文社文庫、都筑道夫コレクション パロディ篇、20039月、781円+税(ただし、二つの筋を示すのに、元版同様の2段組み・1段組みの使い分けが文庫でもできているのかどうか不明)
デイヴィッド・ゴードン/青木千鶴訳『ミステリガール』早川書房、HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS20136月、1900円+税
 

『ハードボイルド徹底考証読本』◆ハードボイルドについて

某月某日、こんな本を読んだ。
 
小鷹信光、逢坂剛『ハードボイルド徹底考証読本』七つ森書館201395日、2300円+税 [注×文×索×]
 
本書は、小鷹信光、逢坂剛両氏による対談本であるが、小鷹氏のあとがきにあるように、単純に対談を文字起こしした安直な本ではない。<テープ起こしに始まり、担当編集者による大づかみな材料の取捨選択、配列のアレンジや継ぎ合わせの上にできあがった第一稿が、そのあとデータの補強や新発言の追加などを経て何度も姿、形を変えてふくらんでいった。書き下しよりも手間がかかったというのが本音である。>(p.270)すべての人名に生没年が付記されている点だけでもすごいと思ってしまう。恐らくは、編集者というより、小鷹氏の執念で入れたのかと思うが。
 
<逢坂さんはハメットの話やハードボイルド論に真っ向から取り組みたかったのではないだろうか。ところが私のほうは、アメリカ映画のことやアメリカ旅行の話を好きなだけやれそうだと楽しみにしていた。>(p.270)とあるように、ハードボイルドの小説ももちろん多く語られはするものの、むしろフィルムノワールや西部劇映画などにかなりのスペースが使われる。小説の話もすぐにどのように映画化されたか、という話題に逸れてしまう。ハメットの『赤い収穫』をテーマにした第4章など、ドナルド・E・ウェストレイクが脚本を書いた幻のシナリオを巡って、架空のキャスティングで盛り上がるばかり。したがって、タイトルにあるように「ハードボイルド徹底考証」がなされているのかと期待した向きには、やや不満が残るだろう。逢坂氏もまえがきで、<ハメットは、あたかも映画のスクリーンを眺め、そこに映し出される画像とセリフをそのまま、忠実に書き取るように小説を書いたのだ。>(p.10)と記して、辻褄を合わせているのだが。
 
ともあれ、例の諏訪部浩一『『マルタの鷹』講義』に端を発した改訳騒動の裏話は実に面白い。
小鷹氏はハヤカワ・ミステリ文庫に『マルタの鷹』を訳していたが、諏訪部氏が「Web英語青年」に連載していた「『マルタの鷹』講義」(20094月~20113)で、誤訳を数多く指摘される。早川書房の編集部に改訳を申し入れると、旧版の在庫2000部がはけない限り無理だと断られてしまう。しかし、3年で在庫がはけて、急遽20129に改訳版を出すことができた。
このことをテレビで取り上げられたそうで(日本テレビ「先輩ROCK YOU」)、その録画をネタに対談が弾む。なにしろ、「日本ハードボイルド界の父」と呼ばれる小鷹氏の訳が、三十代新進気鋭の英文学者に誤訳が「次々と暴かれる」、そして「決定的な指摘。…それは物語の世界観を左右する、重大な見落としでした。翻訳家として生きてきた40年。第一人者としてのプライドが」といった具合(pp.136-140)。
 
ちなみに、小鷹氏の『マルタの鷹』翻訳に際して自ら定めた「ハードボイルド翻訳作法三則」なるものが掲げられている(pp.144-5)。
①「彼、彼女」という代名詞をひとつも使わない。
②疑問符「?」を使わない。
③感嘆符「!」を使わない。
だが、改訳にあたって、①は破らざるをえなくなった。それは、サム・スペードが接する二人の女性に限って、常にフルネームでハメットは書いていたためだ。これも諏訪部氏の重要な指摘ではあった(pp.146-9)。
 
小鷹氏のハードボイルドに対する考え方。
<私はハードボイルドを文体や描写方法としてだけでは考えていないんです。ある一時代に限定された特定の思想とも思っていない。映画におけるフィルムノワールが明瞭にしてくれているように、ハードボイルドはいつの時代にもある。…それは時代が暗くなり、あらゆる物事が絶望に満ちてくると、たちまち光って見えるようになる。>(p.70
どの方向にも手詰まり状態の重苦しさに満ちたいまの時代が、まさにそうなのかもしれない。
 
逢坂氏の語るエピソード。
氏はかつて博報堂の広報室に勤務していた。マスコミからの取材はすべて広報を通すことになっていた。直木賞をとると取材がくる。本名の中浩正としてその電話をまず受ける。<仕方ないから一人二役をやるんです。「はあ、それでは逢坂剛の都合を聞いてきます」と言って、保留のボタンを押し、「ではおつなぎします」と言って自分が「はい、逢坂です」と電話に出る。>(p.23
逢坂氏の父は、時代小説の挿絵画家、中一弥氏(1911~)。なんと今年102歳なのに現役で、息子の小説の挿絵まで書いていると(pp.23-4)。
どうもハードボイルドよりも違うことに面白がってしまうらしい。
 
本書の中で、p.153の後ろから3行目の小鷹氏の発言の箇所で、レイアウトがおかしくなっている。この1行をそのまま書き出してみよう。
「な瞳にゲイル・ラッセル(192461)ですから。   女優だなあ。私の一番手はつぶら」
1行中に、上下が逆になっている。
これは実際のページを見ると一目瞭然なのだが、本文のテキストボックスを1ページに2つ作ってしまったため。恐らく組み上がった段階で追加・訂正が相次ぎ、次ページのテキストボックスがずれて前のページに入り込んでしまったのであろう(逆かもしれないが)。
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
諏訪部浩一『『マルタの鷹』講義』研究社、20122月、2800円+税
 
 
◆[小鷹信光]関連ブックリスト
*小鷹信光による小説・訳書を除く著作リスト。訳書は100冊を優に超える。
 
小鷹信光『アメリカ暗黒史』三一書房、三一新書、1964
小鷹信光『メンズ・マガジン入門:男性雑誌の愉しみ方』早川書房、ハヤカワ・ライブラリ、1967年、300
小鷹信光『この猛烈な男たちと名言:すばらしいアメリカン・ビジネスの原動力』明文社、ナンバーワン・ブックス、1969年、320
◎小鷹信光『パパイラスの舟:海外ミステリー随想』早川書房、1975年、1300
小鷹信光、木村二郎『ニューヨーク徹底ガイド』三修社、コロンブックス、197612月、950
◎小鷹信光『ハードボイルド以前:アメリカが愛したヒーローたち 18401920』草思社、19807月、1600 (税込)→〔改訂・改題〕『アメリカン・ヒーロー伝説』筑摩書房、ちくま文庫、20002月、720
小鷹信光『マイ・ミステリー:新西洋推理小説事情』読売新聞社、19829月、1800 (税込)
        *付:資料 コンチネンタル・オプ物語全作品リスト、小鷹信光著訳書リスト
小鷹信光『ハードボイルド・アメリカ』河出書房新社、19836月、1800 (税込)
        *ハードボイルド年表 (19201947) : p227260
小鷹信光『英語おもしろゼミナール:学校で教えない』立風書房、マンボウブックス、19835月、680 (税込)
小鷹信光『小鷹信光・ミステリー読本』講談社、19853月、1800
◎●小鷹信光『翻訳という仕事:プロの語る体験的職業案内』プレジデント社、19854月、1200 (税込)→〔改訂〕◎●『翻訳という仕事』ジャパンタイムズ、199112月、1500 (税込)→筑摩書房、ちくま文庫、20018月、740
◎小鷹信光『アメリカ語を愛した男たち』研究社出版、19858月、1800 (税込)→筑摩書房、ちくま文庫、19992月、700
◎小鷹信光『ハードボイルドの雑学』グラフ社、グラフ社雑学シリーズ、19865月、980 (税込)
◎小鷹信光編『ブラック・マスクの世界 別巻』国書刊行会、19875月、3800 (税込)
*対談:ハードボイルドを語る各務三郎・小鷹信光
小鷹信光『サム・スペードに乾杯』東京書籍、19885月、1300 (税込)
小鷹信光『ペイパーバックの本棚から』早川書房、19893月、1800 (税込)
小鷹信光『気分はいつもシングル:雨が降ろうが、風が吹こうが』二見書房、19949月、1600
◎小鷹信光『私のハードボイルド:固茹で玉子の戦後史』早川書房、200611月、2800
        *著作目録 *日本推理作家協会賞受賞
小鷹信光『私のアメリカン・グラフィティ』ランダムハウス講談社、200810月、1400
◎小鷹信光編著『<新パパイラスの舟>21の短篇』論創社、200810月、3200
◎小鷹信光『私のペイパーバック:ポケットの中の25セントの宇宙』早川書房、20093月、3200
小鷹信光『アメリカ・ハードボイルド紀行:マイ・ロスト・ハイウェイ』研究社、201112月、2600
【本書】●小鷹信光、逢坂剛『ハードボイルド徹底考証読本』七つ森書館、201395日、2300円+税
 

プロフィール

夢幻庵主人

Author:夢幻庵主人
隠居生活続行中。

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR