FC2ブログ

『嘘を見破る質問力』◆嘘について

某月某日、こんな本を読んだ。
 
荘司雅彦『嘘を見破る質問力:反対尋問の手法に学ぶ』日本実業出版社、2008620日、1500円+税 [注×文×索×]
 
先に検事の立場から、被疑者や関係者の供述の「嘘」をどのように見抜くかという本(若狭勝『嘘の見抜き方』)を読んだが、本書は、弁護士の立場から嘘を見破る手法を書いたものである。つい最近文庫化されたが改訂されているかどうかは未確認(ちくま文庫、20139月、740円+税)。若狭氏の本には各章末尾に箇条書きのまとめがあったが、本書にもあるので、刊行年から見て本書の真似かもしれない。なお、『嘘を見破る質問力』というタイトルのDVDも出ているらしい。
 
本書冒頭で、<私は「日本弁護士白書」に公表されている平均的弁護士の約10倍という膨大な弁護士経験を積んできた。>(p.1)と宣言する。
 
残念ながら、明らかな1か所の誤りと、もう1か所の怪しいところがある。別に質問力などなくとも、「嘘」が自ら明らかになることもあるのだ。
1か所の誤りとは、『日本弁護士白書』という本は存在しない。あるのは日本弁護士連合会が2002年版から発行している『弁護士白書』だ。タイトルの違いは些末なことではない。
 
もう1か所の怪しいところとは何か。「平均的弁護士の約10倍という膨大な弁護士経験」は本当だろうか。
本書の刊行時の直近に出された『弁護士白書2007年版』を見てみよう。弁護士経験の平均値といったものは掲載されていないが、「弁護士会別弁護士1人に対応する民事・家事事件数」(p.85)では、弁護士1人に対応する各地方裁判所の民事事件数および家庭裁判所別の家事事件の新受件数の表が掲載されている。この表によれば、弁護士1人に対応する民事事件数全国平均は39件、同じく家事事件数全国平均は32件である。もし仮に「平均的弁護士の約10倍という膨大な弁護士経験」なるものが民事・家事事件数であるとするなら、民事事件を390件、家事事件を320件引き受けている計算になろうか。一見多そうだが、弁護士1人に対応する民事事件数が1位の青森県弁護士会では209件であり、同じく家事事件でも青森県弁護士会が1位で188件なのであるから、単純合計では397件にもなる。

 「荘司雅彦オフィシャルWebサイト」における著者のプロフィールによれば、「1991 弁護士登録 現在東京弁護士会所属 勤務弁護士をすることなく、地元三重県伊勢市で法律事務所を開業。」という。そこでも「一般民事、刑事、家事、倒産等の事件を約200件(平均的弁護士の約10倍)常時処理しながら、地方労働委員会公益委員をはじめ、多数の行政委員を歴任した。」と記している。仮に東京弁護士会所属なら、平均では民事事件13件、家事事件7件でしかないので、単純合計で20件(刑事事件の件数はデータが掲載されていない)。荘司氏のサイトにある「約200件」が「約10倍」の件数に相当しようか。しかし、全国平均の両事件合計は71件なので、単に平均的弁護士の約3倍でしかない。繰り返すが、これには刑事事件の件数は含まれていないのだ。
だが、1991年の弁護士登録が最初から東京弁護士会かどうか不明だが、当初三重県に法律事務所を開業したということなら、「法律事務所を設置しようとする地域の弁護士会を通して、日弁連が備える弁護士名簿に登録」(日本弁護士会連合会Webサイト)することになるので、当然三重弁護士会に入会していたはずだ(なぜかプロフィールには「現在東京弁護士会所属」と、三重県で活動していたときの所属弁護士会名が意図的に伏せられている)。そこで三重弁護士会の所属弁護士の平均件数を見ると、民事事件123件、家事事件125件である。単純合計すれば248件。「約200件」は三重県弁護士会の平均的弁護士以下ということになる。つまり証拠(出典)を誤記し、あまつさえ基準点となる数値を曖昧にした、数字のトリックに過ぎなかったわけだ。もしかしたら著者が好きな「ハッタリ」p.103だったのだろうか。
 
本書では、ウェルマンの『反対尋問の技術』から4か所も引用している(同書以外の文献はなぜか明記せず)。
同書の原題をThe Art of Cross-Examination という。本書によれば邦題で<「技術」という用語を用いているにもかかわらず、著者のウェルマンは原題で「Art」という言葉を用いている点です。Techniqueではなく。/これは、とりもなおさずウェルマンをはじめとするアメリカの法廷弁護士が、反対尋問を一種の「芸術」だと考えていたことを示しています。…反対尋問は、もはや「技術」の域を超越して「芸術」の域まで達しているといっても過言ではありません。>(pp.18-9
Art」だから機械的に「芸術」とみなす必要はない。普通の英和辞典でも「Art」の訳として「技術」とか「技法」「こつ」などと出ているのだから(注1
 
元検事・若狭勝氏の嘘の見抜き方と、本書の弁護士のやり方とは、かなり似通ったところがある。
そのなかで、少しユニークなやり方としては、例えば<「外堀を埋めて退路を断つ」ための質問>p.23の方法として、<証人の立場になってみて、どのように逃げるかを想定し、想定できるあらゆる逃げ道を事前に塞いでおいてから、決定的な証拠を突きつけるのが、真実を語らしめる有効な方法です。>p.23と説明する。
また、<「望んでいない答えを引き出すフリをする」質問をすることによって、質問者が本当に望んでいる答えを引き出すこともできる。>p.29
 
一方で、<人間というものは、一度証言した事柄と矛盾した行動をとることを嫌い、できれば「一貫性」を保ちたいと考える傾向が強い。>p.30さらに、仮に嘘をついている場合も、<意識的もしくは無意識的に「つくられた記憶」に基づいて、「主観的」には真実を述べている>p.56とする。弁護士は刑事事件ばかりでなく、民事もやっているせいだろうか。
<あなたが思っている以上に人間というものは嘘をつくことが苦手だ。>(p.76<「思い込みの記憶違い」と「悪意の嘘つき」を見分けることは、実は大変至難の業なのです。>(p.86)このあたり検事の見方と違うのかもしれない。
 
<特徴的な嘘つきの身体動作>(p.92をいくつか列挙している。このあたりは若狭勝氏の言う「態度の嘘反応」とよく似ている。ただし、より女性と男性の違いを明確にしているあたりが違いか。例えば<証人が男性の場合、嘘を言うとき、つい目をそらせてしまいます。/逆に、女性の場合は、嘘を言っているとき、私に目を合わせてきます。>(p.95)<女性は、男性よりもはるかに嘘が上手です。>(p.128
 
真実を語らせるには証言の矛盾を考えるのだそうである。
<①まず、相手の言い分と「客観的事実」の矛盾が最優先/②相手の言い分の中での矛盾が二次的>(p.177
とくに②を先に指摘すると、言い間違いに過ぎないと逃げられてしまうという。
 
最後のあたりで、「法律家の論理学」なるものを述べている。
<①「結論」が先にあり /②「理由」は、結論をもっともらしく見せるための理屈(論理)としてのみ意味がある>(p.163
裁判官の判決も「結論」ありき、だと。だから判決文の主文はともかく、「結論をもっともらしく見せるための理屈(論理)」だから、あとは日本語にもならない意味不明の文章の堆積にすぎないわけだ。このことを読んだだけでも本書を読んだ意味はあった。
 
ちなみに、Wikipedia「判決」の項にある日本の判決書の特徴を一部掲げておこう2013/09/23確認)
· 一つの文が極めて長大であり、いかに読解力に優れる者でも読み返さなければ論旨が理解できない。また、不必要な美辞麗句が過剰に並べ立てられている。
· 日本語の誤用が顕著である。特に、「けだし」の意味を「なぜなら」と取り違える用法が知られ、これは既に法律家の世界での業界用語として定着している。>

 
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
日本弁護士連合会編著『弁護士白書2007年版』日本弁護士連合会、2007111日、2381円+税
フランシス・L・ウェルマン/林勝郎訳『反対尋問の技術 上 第1反対尋問の原理』青甲社、19732
フランシス・L・ウェルマン/林勝郎訳『反対尋問の技術 下 第2著名反対尋問の実例』青甲社、1975
Francis Lewis Wellman, The Art of Cross-Examination, 1903
若狭勝『嘘の見抜き方』新潮新書2013530日、680円+税
 
(注1手近にある英和辞典で示す。
『小学館ランダムハウス英和辞典(パーソナル版)上』(小学館、1975121日、上下9800円)では、「7 (技術・学問の分野などの)技法、術、要領」「9 (一般的に人間の)特殊技術、技能」「13 こうかつ、ずるさ、手管、策略」
『ジーニアス英和大辞典』(大修館書店、2001425日、16500円+税)では、「3 技術、こつ、要領;(芸術的)手腕、わざ、技巧」
 
 
◆[嘘]関連ブックリスト
嘘をテーマにした文献についてはこちらを参照。

 

スポンサーサイト



『嘘の見抜き方』◆嘘について

某月某日、こんな本を読んだ。
 
若狭勝『嘘の見抜き方』新潮社、新潮新書、2013530日、680円+税 [注×文×索×]
 
本書は、26年間検事を務めた著者が、検事時代に培った尋問技術を通じて、被疑者や関係者の供述の「嘘」をどのように見抜けばいいかの簡単なガイドブックである。検事とは逆に弁護士の立場から嘘を見破る手法を書いた本として、例えば荘司雅彦『嘘を見破る質問力:反対尋問の手法に学ぶ』があり、同書はつい最近文庫化された。
 
本書によれば、嘘をつく場合には4つのパターンに分類できるという。
<①自分を守ろうとする「防御の嘘」
②自分を大きく見せようとする「背伸びの嘘」
③他人を陥れるための「欺瞞の嘘」
④他人を守るための「擁護の嘘」>(p.17
①~③は自分のためにつく嘘であり、④は人のためにつく嘘ということになる。
 
②は、<プライドと恥が動機となって生み出されることが多い。プライドが高い人は、そのプライドを守るために嘘をつき、恥を恐れる人はそれが明るみに出ないように嘘をつきます。>(p.22
一方、③の嘘は例えば詐欺が該当する。<詐欺師の供述というのは徹頭徹尾嘘だらけ。…罪悪感を感じている人が少ないのです。>(p.28
④は、<典型的なのは、政治家のために秘書が罪をかぶる、経営陣のために平社員が責任をとる、組織のために下っ端が犠牲になるなどのケース>である(p.28)。
 
さて、嘘を見抜くステップとして、次のように説明する。
<私は、「①嘘に感づく→②嘘を確かめる→③嘘を断定する」という三段階で嘘を解体していきます。>(p.36
 
まず「①嘘に感づく」ために、嘘をついた人に表われる「言葉の嘘反応」と「態度の嘘反応」に気づくことが重要であるとする。
 
「言葉の嘘反応」とは、<言葉の内容や発言の仕方に含まれるサイン>(p.52)のこと。例えば、政治家が愛用する「覚えていません」「記憶にありません」とか、「やっていません」「関係ありません」などという発言は、まさに嘘反応なのである(p.53)。
また、<核心的な質問をされたとき、直接答えずにはぐらかしたり、過度に一般化した話し方をしたり、逆に同じ質問を投げ返したりする>「話のすりかえ」もそうです(pp.54-5)。<個人的に、このすりかえがうまいと思うのは橋下徹・大阪市長です。>(p.55
<地方自治体の議会では、市長など行政のトップに「反問権」を与えていません。議会が首長の政策を追及する中で、逆質問ではぐらかすことを封じているのです。/しかし、橋下市長は、大阪市議会に反問権を要求しています。逆質問の効力を知っているからでしょう。すでに記者会見では、記者に対して逆質問を繰り返し、最後まで質問に答えない姿が散見されます。>(p.57) さすがにだてに弁護士をやっていたわけではありませんね。反対尋問や「話のすりかえ」で、いつのまにか質問しているほうが質問されているほうに、攻守を替えてしまおうというせこいテクニックだったわけ。新聞記者の皆さんも、橋下市長へ質問するときは、ぜひ「話のすりかえ」はやめるよう進言してください。昔買ったまま読んでもいないウェルマンの『反対尋問』で勉強でもしておきましょうか。
 
「態度の嘘反応」は、作り笑い、怒り、つま先の方向(胴体の方向:早くその場から逃げたいという態度)、腕組み、意味のない落書きやボールペンなどを弄ぶ代償行動、下唇を噛むなど(pp.75-80)のこと。
なかでも<目をそらす人は「嘘をついている」「やましいことがある」と考えられて>(p.73)いるが、嘘をつくプロである詐欺師などは、<アイコンタクトが多く、相手をじっと見つめ、視線をそらさないのです。「誠実さを表すサイン」だと世間で認知されているからこそ、それを逆にとり、意識的にやっているそうです。>(p.74
 
「②嘘を確かめる」ために質問をする。それにもいくつかのコツがある。例えば、<ストレートに尋ねるのではなく、心理的負担の少なそうな質問を数多く尋ねてみるほうが、事実関係を正確に把握することができます。>(p.103
 
しかし、普通のやり方では、なかなか嘘が見抜けない場合もある。
<たとえ素人の演技でも、感情を表さなければ嘘をつき通すことは可能>(p.128)だし、あるいは<話に真偽がまざりあっている場合、どこまでが真実でどこまでが嘘なのか判別しにくいので、起訴できない可能性が高い>(p.134)ことにもなる。詐欺師は、<すぐに確認できてしまうことについては嘘をつかないけれど、確かめようのないことについては、まるで本当に起こったことのように細かく嘘がつける>(p.132)のだ。
 
なお、目撃については<「人の同一性」はきわめて脆く危うい>(p.153)と述べ、<人は「距離」「時間」「速度」「色彩」の記憶が弱い>(p.155)と断定する。いかに目撃証言が危ういか。それも<時の経過と共に本来の正しい記憶が薄れていくにつれて、真実でない「嘘の記憶」がそれに代わって定着していくのです。>(p.163
目撃の危うさについては『錯覚の科学:あなたの脳が大ウソをつく』で紹介した通り、注意力の錯覚という問題もある。

本書は検事としての被疑者に対する尋問マニュアルに近いが、それを離れても、世の中にはびこっている嘘――とりわけ政治家の嘘を見抜く方法を知ることができようか。
 
 
なお、文中で触れた本は以下の通り。
荘司雅彦『嘘を見破る質問力:反対尋問の手法に学ぶ』日本実業出版社200861500円→ちくま文庫、20139月、740
ウェルマン/梅田昌志郎訳『反対尋問』旺文社文庫、197910月、680
Francis Lewis Wellman, The Art of Cross-Examination. 4th ed.
 
 
◆[嘘]関連ブックリスト
*騙し、詐欺については別項にてまとめる。
 
●紀田順一郎『日記の虚実』新潮選書、19882月、800円→ちくま文庫、1995年1月、680円 (税込)
三宅進『ウソ発見:研究室から犯罪捜査へ』中央公論社、中公新書、19896月、520 (税込)
浜田寿美男『自白の研究:取調べる者と取調べられる者の心的構図』三一書房、19925月、7800円 (税込)→〔新版〕北大路書房、20057月、7800
P.エクマン/工藤力訳編『暴かれる嘘:虚偽を見破る対人学』誠信書房、199211月、3399 (税込)
Paul Ekman, Telling Lies : Clues to Deceit in the Marketplace, Politics, and Marriage, 1985
渋谷昌三『人はなぜウソをつくのか:悪いウソ、善いウソを見きわめる心理学』河出書房新社、Kawade夢新書、19966月、680円 (税込)→〔改題〕『ウソつきの心理学』河出書房新社、KAWADE夢文庫、20048514
M・スコット・ペック/森英明訳『平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学』草思社、199612月、2266 (税込)→草思社、草思社文庫、20118月、950
Morgan Scott Peck, People of the Lie : The Hope for Healing Human Evil, 1983
平伸二『表出行動とウソ発見の心理学』多賀出版19982月、8500
浜田寿美男『私のなかの他者:私の成り立ちとウソ』金子書房、199811月、2200
平伸二・中山誠・桐生正幸・足立浩平編『ウソ発見:犯人と記憶のかけらを探して』北大路書房、20005月、2200
浜田寿美男『自白の心理学』岩波新書、20013月、700
浜田寿美男『〈うそ〉を見抜く心理学:「供述の世界」から』日本放送出版協会、NHKブックス、200231070
チャールズ・V.フォード/森英明訳『うそつき:うそと自己欺まんの心理学』草思社、200241800
Charles V. Ford, Lies! Lies! Lies!, 1996
エドゥアルド・ジアネッティ/山下篤子訳『人は嘘なしでは生きられない』角川書店、20029月、1900
Eduardo Giannetti, Lies We Live by : The Art of Self-Deception, 1997
金子雅臣『役人はなぜウソをつくのか』日本評論社、200311月、1600
マーティン・プリマー、ブライアン・キング/有沢善樹訳『本当にあった嘘のような話:「偶然の一致」のミステリーを探る』アスペクト、200491400円→〔副題なし〕『本当にあった嘘のような話』アスペクト、アスペクト文庫、201211月、648
Martin Plimmer, Brian King, Beyond Coincidence
浜田寿美男『取調室の心理学』平凡社新書、20045月、700
Jonni Kincher/古川聡監訳、上田勢子訳『ほんとうのウソの本』丸善、200491600
Jonni Kincher, The First Honest Book about Lies
松野凱典『科捜研うそ発見の現場:心理学の立場から犯罪をみる』朱鷺書房、2004101800
斉藤勇『人はなぜウソをつくのか?』毎日新聞社、2004111300
★●箱田裕司、仁平義明編『嘘とだましの心理学:戦略的なだましからあたたかい嘘まで』有斐閣、20067302800[注×文◎索◎]
デイヴィッド・リヴィングストン・スミス/三宅真砂子訳『うそつきの進化論:無意識にだまそうとする心』日本放送出版協会、200682000
David Livingston Smith, Why We Lie
藤沢晃治『疑う技術:ウソを見破る9つの視点』PHP研究所、PHP新書、200610700
浜田寿美男『自白が無実を証明する:袴田事件、その自白の心理学的供述分析』北大路書房、法と心理学会叢書、200610月、3600
●掛谷英紀『学者のウソ』ソフトバンククリエイティブ、ソフトバンク新書、20072700
ブライアン・キング/ルディー和子訳『ウソをつくサル:あの人が真実を語らないワケ』ダイヤモンド社200731429
Brian King, The Lying Ape
マリーア・ベッテッティーニ/谷口伊兵衛、ジョバンニ・ピアッザ訳『物語嘘の歴史』而立書房、20073月、2500円+税
Maria Bettetini, Breve storia della bugia
荘司雅彦『嘘を見破る質問力:反対尋問の手法に学ぶ』日本実業出版社200861500円→ちくま文庫、20139月、740
菊池聡『「自分だまし」の心理学』祥伝社新書、20088月、780
キャスリン・シュルツ/松浦俊輔訳『まちがっている:エラーの心理学、誤りのパラドックス』青土社、20121月、3360
Kathryn Schulz, Being Wrong
【本書】●若狭勝『嘘の見抜き方』新潮新書2013530日、680円+税
 

プロフィール

夢幻庵主人

Author:夢幻庵主人
隠居生活続行中。

最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR